顔が変わる注射

注射治療

とても人気のある整形の一つがヒアルロン酸注射です。数か月ほどしか効果が持続しないことを知っておいてください。日帰り手術で済む治療で、あまり腫れたりもしません。すぐに日常生活に戻れることもあり、とても人気があります。

もっと知ろう

簡単な注射式プチ整形

鏡を見る女の人

注射をするだけの手軽さで、深いシワや生まれつきのコンプレックスを解決できるのがヒアルロン酸注入法です。ほうれい線などのシワ取りや、豊胸手術、ニキビ跡の改善、顎や鼻の形を整えるプチ整形が簡単にできます。

もっと知ろう

肌の水分を保持する機能

整形治療

注射によるシワを消す効果

健康食品やサプリメントなどに利用されているので有名なヒアルロン酸ですが、もともと人間の体内に存在している成分です。高い水分保持能力があるので肌の潤いを保ったり、ハリや弾力を与える機能があります。そのため化粧品などにも配合されています。美容整形の世界でもヒアルロン酸を使った施術が行われています。体内に存在している成分なので拒否反応や違和感がなく、プチ整形などの注入治療に活用されているのです。プチ整形というのはメスを使わないので簡単に整形できる方法で、女子高生から中高年層にまで人気が広がっています。例えば顔のシワ取りやほうれい線などを目立たなくさせるために、肌の真皮層にヒアルロン酸注射をして注入します。それによって真皮層から肌の表皮を持ち上げてシワやほうれい線を目立たなくするのです。注射をするだけなので10分程度の短時間で施術が完了し、その場で効果を実感できます。ダウンタイムもないので、施術後も普通に日常生活をおくることができます。今まで美容整形というと万一のことを考えて踏み切れなかった女性でも、プチ整形なら気軽に体験できるので人気があります。ヒアルロン酸注射は永久的に効果があるわけではないので、半年から1年後には再度注入する必要があります。このためちょっと工夫する感覚で鼻を高くしたり、ほうれい線を消したりできるのです。施術してみて気に入らなければ、半年から1年で効果はなくなるので、もう一度チャレンジができます。このようにヒアルロン酸注射は、ちょっとした工夫感覚で整形でき、気に入らなければ修正できるのがメリットです。

年齢と共に減少する成分

ヒアルロン酸注射を使ったプチ整形は効果が限定的であるというのが特徴です。ですから効果を定着させるには半年から1年後に再度注入をして、それを何回か繰り返すことによってシワやほうれい線のない顔にすることができるのです。その間、少しずつ修正することによって理想の結果が得られるようになります。ヒアルロン酸は人間の体内にある成分ですが、年齢と共に減少していくという特徴があります。一番多い時期が赤ちゃんの頃で、肌がぷるぷるしているのはヒアルロン酸がたっぷり体内に含まれているからです。ところが30代になる頃から減少し、40代になると赤ちゃんの半分ぐらいになってしまいます。そのため普段からヒアルロン酸を意識して摂取しておくと、若々しさをキープすることができます。化粧用品などもヒアルロン酸の配合されているものを使うと肌の瑞々しさを保つことができます。またヒアルロン酸は膝の軟骨部分をスムーズに動かす機能があるので、膝関節の痛みやスムーズに動かなくなる症状などにも使われています。膝関節の部分に注射をすることで症状が改善できます。これを美容整形の世界で応用したのがプチ整形によるシワやほうれい線の施術です。以前はシワの治療にはコラーゲン注射が使用されていたのです。コラーゲンも人間の体内に存在する成分なので副作用がないと思われていたのですが、コラーゲンの成分であるタンパク質がアレルギー反応を引き起こすことがわかったのです。そこで現在では副作用のないヒアルロン酸注射が行われています。

肌の衰えを回復させる方法

美容整形

ヒアルロン酸が不足するとしわやたるみの原因になります。化粧品で補えますが、深いしわには直接注入が効果的です。ただし効果は永久的には続かず、ドクターの技術力による差も出ます。ヒアルロン酸とコラーゲン、エラスチンはバランス良く整え、ビタミンB2やビタミンC、コンドロイチンと一緒に取り入れると効果的です。

もっと知ろう