肌の衰えを回復させる方法

美容整形

アンチエイジングの施術

肌の潤いを保つためには、コラーゲンやエラスチン、ムコ多糖類が十分な量でなければなりません。ムコ多糖類の一種であるヒアルロン酸はコラーゲンやエラスチンの隙間に存在し、水分を保持する役割を担っています。つまり、ヒアルロン酸が足りなくなると水分を保持しておくことができなくなり、乾燥がすすんでしわの原因になりますし、弾力も無くなります。足りなくなったヒアルロン酸を補うためには、化粧水で外側からつけることも有効であり、毎日のケアに取り入れれば失われた潤いを取り戻せます。表面上のしわに留まるケースではセルフケアでも十分に回復させることができますので、根気良くケアを行うことが大切です。ただし、深く刻まれたしわを回復させたい時にはセルフケアだけでは不十分です。最近では美容整形によるしわ伸ばしが流行っており、短時間で大きな成果を上げることができます。ヒアルロン酸は元々体内にある成分ですので体の中に入れても安心ですし、繰り返し施術を受けても体への負担はありません。ただし、自然に吸収されてしまう成分ですので効果は永久的に続くわけではありません。一定期間ごとに新たに注入しなければ、元の状態に戻ってしまいます。最近では持続時間の長いタイプが登場していますが、それでも定期的なメンテナンスは欠かせません。また、技術力のないドクターが担当した場合、注入量に問題があって不自然なほど盛り上がってしまうこともあります。腕の良いドクターならそのようなことはありませんので、技術力を確認しなければなりません。

主な効果と活用法

ヒアルロン酸の主な効果は、肌の保湿性を高めて弾力を維持することです。加齢によるしわやたるみに非常に効果的であり、多くの人が注入によって肌の悩みを解消しています。天然の保湿成分として肌に欠かせないものであるのと同時に、セラミド等の細胞間脂質との相互作用により肌の機能を維持するという点も見逃せません。ヒアルロン酸を取り入れる時には、コラーゲンの量も十分でなければなりません。というのも、コラーゲンが不足してしまうとヒアルロン酸を取り入れても肌に留めておくことができず、正しい働きを期待することができないからです。ヒアルロン酸が足りなくなることでもバランスが悪化し、体内のコラーゲンは変質しますし、エラスチンの量も減ってしまいます。これらの成分はお互いに働きかけ合うことで美しい肌へと導くことができますので、バランス良く整えることが大切です。また、ヒアルロン酸の効果を十分に引き出すために、ビタミン類を一緒に取り入れることも良いとされています。ビタミンB2にはヒアルロン酸の持つ保水力を更に高める働きがありますので、特にお勧めです。肌を健やかに保つために必要なビタミンCも一緒に取り入れると良い成分です。その他、ヒアルロン酸の効果を持続させるという点でコンドロイチンも効果的です。加齢やストレスによってヒアルロン酸の量が足りなくなっても、様々な方法で補うことができます。補えば肌細胞はよみがえりますし、水分量も上手く調節されますので、若々しい肌作りが行えます。