簡単な注射式プチ整形

鏡を見る女の人

注射だけでシワ取り

美容外科のプチ整形のひとつヒアルロン酸注入法は、簡単に若返りができたり、バストを大きくしたりできるので人気があります。ヒアルロン酸注入法はとても簡単で、気になる部分にヒアルロン酸を注射器で数センチおきに注入するだけです。ヒアルロン酸というのは人体を作っている物質のひとつで、眼球や関節などに多く存在します。人体になじみやく、拒絶反応や副作用などがほとんどないのがヒアルロン酸注入法の魅力の一つでもあります。アレルギーテストをする必要ないので、カウンセリングをした当日にすぐにできます。治療時間は部位にもよりますが、例えばほうれい線を消す治療であれば5分〜10分程度で終わります。即効性があるのでその場ですぐに若返り効果を感じることができます。ヒアルロン酸注入法はメスで身体を切らないプチ整形なので、抜糸のために通院をする必要がなく、会社の帰りや学校の帰りなどでも簡単にできます。注射器を刺すので注射針の跡が赤く点状になって残る場合がありますが、翌日ぐらいには消えます。料金はヒアルロン酸の種類や質、入れる量によって上下します。基本的に注入する量が多くなるほど料金が高くなります。注射器一本で5万円前後が相場です。口の左右にできるほうれい線を解消する場合は、注射器が二本必要になるので10万円程度します。豊胸手術で使用する場合も二本以上必要になり、10万円〜20万円ほどの料金がかかります。いずれにしても、切開を伴う外科手術よりもはるかに格安な料金で行えます。

適用できる部位

加齢によって深く刻まれたシワはヒアルロン酸を注入してほとんどなくせます。フェイスリフトのように大げさな整形手術をしなくてもシワをなくせるのがヒアルロン酸注入法の大きな魅力です。主にほうれい線、頬のたるみ、目の下のたるみやくぼみ、眉間や額のシワなどの解消に効果的です。なかなか治らないニキビ跡のクレーターにも効果があります。クレーターのへこんでいる箇所にヒアルロン酸を注入して膨らみを出し、表面を滑らかにするプチ整形です。顔の凸凹がなくなるだけではなく、肌質がすべすべになります。豊胸手術でヒアルロン酸を入れるのも定着しています。豊胸手術といえばバッグプロテーゼ挿入法がメジャーですが、ヒアルロン酸注入法ならメスを使用しないのでダウンタイムもなく、自然にサイズアップできます。ワンカップ程度バストサイズを大きくしたり、左右の形を整えたりするのにお勧めです。ヒアルロン酸と一口にいってもいくつかの種類があり、その種類ごとに特徴が異なります。分子量が小さいほど、触り心地が柔らかくなります。頬、ほうれい線、目の下など、顔のシワを消すプチ整形によく使用されています。ただし、分子量が小さいほど分解しやすくなるため持続力は低めです。分子量が大きいヒアルロン酸ほど、固く弾力があります。分子が大きい分分解されにくく、効果が長持ちするというメリットがあります。分子が大きいヒアルロン酸は、豊胸手術、顎を出すプチ整形、鼻を高くするプチ整形などによく使用されています。